なぜ借金返済をした方が良いのか?

借金をしてしまう理由の1位は「会社を退社」してしまうからです。会社を退社すると、どうしても収入口がなくなってしまい、貯蓄があっても数カ月でなくなってしまうものです。そのため、お金を確保するために借金をする方が多くいます。ただ、借金をしたら、必ず借金返済をしていくことが大切となります。その理由は、借金が家計を圧迫してしまったり、取立てによる精神的な苦痛が生まれてしまうからです。そのため、借金返済の重要性について、まず確認することが大切です。

借金返済をしたほうがいい理由は「お金が手元から離れてしまう」からです。お金が手元から離れてしまうと、例えば家計を圧迫してしまい生活することがままならなくなってしまい、家族に迷惑をかけることにつながります。また、自分の欲しかったものを購入することができなくなったり、行きたい場所に行くことができないといった不満の原因になるものです。単に、お金が手元からなくなるだけならまだしも、借金返済のために借金を重ねるなどのケースになると、だるま式に借金が増えていき手に負えない事態にもなってしまします。そのため、お金を手元に残しておいて、楽しい生活をするためにも借金返済をしたほうが良いのです。

また、借金返済をしたほうがいい理由は「精神的にきつくなる」からです。これもお金が手元から離れていくことにつながる現象ですが、毎月一生懸命働いてもお金が手元に残らないのは苦しいことです。さらに、返済が滞り始めると取立てが厳しくなり、毎日、取立ての電話におびえながら生活をしなければならなくなります。そのため、借金返済をすることで気持ちよく生活をすることができるのです。

ただ、借金返済には自分でコツコツと返済していく方法のほか、法的手段をとって借金自体を減らしてもらうこともできます。そのため、このサイトではどういった「法的手続き」があるのか紹介して、その時にどのような費用や期間がかかるのかについて紹介しています。なので、もしあなたが借金に困っているのであれば、各項目を確認してみて、ご自身の借金を減らすことにつなげてみてください。

また、ご自身で悩むだけでなく弁護士などの専門家に相談すると、あなたの最善の解決策を見つけることができるかもしれません。そのため、一人で悩まずに、気軽に専門家に相談すると新たな解決策を見つけ出せ、借金に苦しまない生活をすることができるようになるのです。

借金返済とはどういうもの?

借金の返済方法には「自己完結」と「法的手続き」があります。この大まかな違いは借金を毎月返済していくか、それか法的に借金自体を減らすかに違いがあります。そのため、この2つの違いについて下記にまとめます。

【自己完結】

自己完結は、自分で毎月借金の支払いをする方法のことを言います。多くの場合、銀行や消費者金融などから借金をしてその返済をすることが自己完結に当てはまります。これは元金に加えて利息を支払う必要があり、借り入れた元のお金の数倍ものお金を支払うことが必要になることもあります。もちろん、これは一般的な方法となっていますが、何カ月も家計を圧迫してしまうという特徴があります。

【法的手続き】

一方、法的手続きは「債務整理」と言い、「借金そのものを減らす」方法のことを言います。これは、金融業者などの債権者に対して、借金を減らすための申し立てをして減らしてもらえるように交渉することです。また、裁判所が仲介に入ってくれる間接的なものや、債権者に直接交渉をするものなどがあり、借金の額を減らすことができるようになっています。しかも、中には「自分」だけで出来るものもあるので「債務整理」で借金を減らしている人が多くいらっしゃいます。

このように借金の返済方法には「自己完結」と「法的手続き」があり、借金をすぐに減らせる方法として「法的手続き」つまり「債務整理」に注目が集まっているのです。

借金返済に掛かる費用は?

借金返済に掛かる費用は、「自己完結」をするのであれば「元金」に加えて「利息」になります。この二つを通常は返済するのですが、「債務整理」であれば、別途費用がかかるので確認しておく必要があります。

「債務整理」で掛かる費用は、1000円程度のものから数十万円掛かるものもあります。これは法的手続きが「自分」で出来るものもあれば、「専門家」に頼んだほうがいいものもあるからです。そのため、「自分」で出来る特定調停であれば1000円程度で終わる場合もありますし、任意整理など「専門家」に頼んだほうが良いものは数十万円掛かる場合もあります。もちろん、弁護士・法律事務所によって変わってくるので、詳細については各事務所に確認を取ることが大切となっています。

ただし、「債務整理」であれば借金の多くを減らすことができるようになっています。そのため、弁護士などの専門家に頼むことによって費用はかかっても借金の総額を減らすことができるのが魅力となっています。そして、「専門家」に支払う費用も減額できたお金の10%~20%程度となっているため、多くの場合は借金を減らすことができるのです。こうした費用については、それぞれの法的手続きの項目に掲載されています。そのため、気になる法的手続きについて確認してみることが大切です。

今なら無料!弁護士事務所に無料相談

借金返済に掛かる期間は?

借金返済に掛かる期間は「自己完結」の場合は、借り入れている金額と返済している金額によって変わってきます。また、「債務整理」であれば、短いもので「1か月程度」で終わるものもあれば「1年近く」掛かるものもあるので、どういった「債務整理」だと長くなるのか紹介します。

「債務整理」で、早く終わる傾向があるものは金融業者などの債権者に有利な和解案を結ぶことができる解決方法です。例えば、特定調停や任意整理である場合は早く終わる傾向があります。しかし、個人再生や自己破産であれば借金の多くを減らすことができる分、金融業者がこばみ期間が伸びやすい傾向にあります。特に、任意で解決していく場合には良いですが、訴訟による返還請求をすることになると、期間は伸びる傾向にあります。もっとも、この早く終わらせることができるかは、債権者の対応や裁判所の状況、弁護士などの専門家の力量にかかわってくるので一概に生きることはできないということには注意をしておきましょう。

このように借金返済に掛かる期間は「自己完結」であればあなたの返済状況によって変わり、「債務整理」であれば数カ月で終わらすことができるようになっています。ただし、「法的手続き後」も返済は続くものもあるので、一度弁護士・法律事務所に確認することが大切です。

借金返済の流れについて

このように、「自己完結」であれば通常の借金に加えて利息を合わせたお金を返還していく必要があります。また、「債務整理」であれば、借金そのものを減らすことができる手続きとなっており、新しい借金返済の計画や和解案などに従って返済をしていくことになります。

それぞれの「債務整理」の詳しい流れについては各項目に記載されているので確認することが大切です。加えて、例えば裁判所を通すと法的拘束力を持つようになるので、例えば遅滞が出来なくなるなどの面もあるので、それぞれの方法について確認することが大切となります。そのため、こうした「法的手続き」を行うのであれば弁護士などの専門家に相談することで、詳しくどのような手続きを踏むのかを確認することができます。ですので、まずはじめに弁護士・法律事務所で相談することから始めると、どの債務整理の方法を取ったほうがいいのか等が分かりお勧めとなっています。

借金返済の種類と特徴は?

債務整理には「任意整理」、「個人再生」、「特徴調停」、「自己破産」の4つの方法があります。 それぞれの違いが分かりにくいので、債務整理の種類と特徴についてまとめます。


このように、債務整理によっても性質が異なっており、借金が大きく減るものほどデメリットが大きくなることが分かります。また、こうした一覧のほか、各債務整理の項目にもメリット・デメリットについてまとめて記載されているので、確認してみることが大切となっています。もっと詳しく債務整理について知りたい場合は、各弁護士・法律事務所に確認し、あなたにあった「借金返済の方法」を選ぶ事が肝心です。

今なら無料!弁護士事務所に無料相談