過払い金請求の手続きの流れ

過払い金請求では「債権者に支払いすぎた利息を取り戻す」ことを目的に、債権者との返還交渉が主な活動内容となります。そのため、弁護士などの専門家に依頼することが一般的となっているため、依頼することを前提に説明していきます。

①弁護士・法律事務所への依頼と受任

最初に行うことは、弁護士・法律事務所へ過払い金請求に関して依頼することです。特に以下に該当する場合は、無料相談でもいいので依頼したほうがいいでしょう。

  • 5年以上、債権者との関係がある
  • 金利18.0%以上の利息を支払い続けていた

こうした人であれば、過払い金をしている可能性があるので、事務所もスムーズに調査を開始してくれます。また、もしあなたに借金が残っているのであれば、弁護士が債権者に対して「受任通知」を発送してくれて、以降の取立てが止まるようになります。

②利息制限法に基づき、金利を直す

依頼が済むと弁護士などの専門家が利息制限法に基づき利率を法定金利まで引きなおした計算をします。またこの間、債権者に対して今までの返済経歴などの開示を求めるようにします。

③債権者へ「返還請求書」の発送

利息制限法から正常な法定金利へと計算し直して明らかになった、実際に借金で支払った金額の差の返還を求める「返還請求書」を債権者側に発送することになります。これによって実際に債権者との返還交渉が始まることになります。

④債権者との「返還交渉」

弁護士などの専門家が債権者と返還交渉を行います。この交渉内容は金額や返還日に対してであり、電話や書面にて対応することになります。そして、この交渉で返還に応じる場合には⑥の債権者と合意書を取り交わすことになりますが、交渉に応じない場合は⑤の裁判所への訴訟を提起になります。

⑤裁判所への訴訟を提起

「返還交渉」において債権者が返還を拒む場合、裁判所へ訴訟を提起することになります。この場合も、専門家に依頼している場合は手続きを進めてくれ、第1回口頭弁論期日を迎え和解をしていくようにします。そして、この口頭弁論は何回か続け、最終的に裁判所から和解の勧告が出ます。そして、和解案を交わし、過払い金の支払い手続きとなります。さらに、この和解案にも応じない場合には、強制執行の手続きへと進んでいきます。

⑥債権者と合意書を取り交わす

債権者が返還に応じる場合は任意返還となり、双方の合意書を交わして過払い金を支払うように手続きを交わします。また、訴訟の場合は和解案に従って返還を求めることになります。

⑦返還まで監視する

合意書を交わしても債権者が期日通りに返還してくるか不明瞭な点があるので、確実に返還されるよう最後まで監視するようにします。

今なら無料!弁護士事務所に無料相談

   2015/01/16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket