債務整理の手続きの流れについて

債務整理の種類によって、その手続きの内容は変わります。簡単なものもあれば複雑なものもあるので、いかに一覧としてまとめます。

【債務整理の手続きの一覧】

①任意整理は「弁護士による直接交渉」

任意整理は基本的には弁護士による債権者との直接交渉になります。そのため、利息制限法に従って過剰に支払っている金利を正常にすることを目的に債権者と交渉をしていきます。そして、最終的には直接交渉をして、将来的な金利を引き下げたり、借金額を減額させるようにするのが任意整理です。

②個人再生は「地方裁判所での手続き」

個人再生は「給与所得者等再生」と「小規模個人再生」があり、地方裁判所で面接等をしながら減額について取り決めていきます。そして、和解案について詳細が決まった時点で、債権者に同意をもとめ、同意が得られた場合には新たに返済を再開していきます。債務整理の中では最も煩雑な手続きとなっており、なるべく弁護士などの専門家に依頼することがお勧めとなっています。

③特定調停は「調停委員による仲介」

特定調停は債務整理の中で、もっとも手続きが簡単なものとなっており、債務者でないと申立てが出来ない制度です。簡易裁判所へ申立てを行った後に調停委員並びに債権者と話し合いをしながら返済内容についてまとめていきます。最終的に債権者に返済案の同意が得られれば、新たな返済案に従って返済再開をすることが出来ます。ただし、強制力がないため特定調停に協力しない債権者も多くいます。

④自己破産は「裁判官との面接」

自己破産は債権者にかかわらず「借金の一切をなくす」ことが出来ます。しかし、免責することが出来るには相当な理由が必要になり、債務者は裁判官と面接をする必要があります。こうした面接を終えて、最終的に自己破産が出来るかどうかは裁判官が決めるようになっており、この判断で免責になる場合とならない場合があります。また、財産がある場合には処分などの手続きもあります。

⑤過払い金請求は「裁判所で債権者と交渉」

過払い金請求では、債権者と利息制限法よりも支払いすぎた過払い金について返還の交渉をします。債権者によっては交渉に応じない姿勢を見せることもあり、専門家を通さないと相手にしてもらえないことがほとんどです。そのため、弁護士などに依頼して裁判所で交渉をすることになります。

このように、債務整理の種類によって手続き内容に違いがあります。また、債務状況や債権者の対応などによっても内容が変わってくるので、各項目を確認することが肝心です。

今なら無料!弁護士事務所に無料相談

   2015/01/16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket