過払い金請求

なぜ過払い金請求をするのか

過払い金請求は「債権者(金融業者)に支払いすぎたお金を、返還してもらう制度」のことを言います。こうした過払い金請求は、お金を借りていて返還している際、利息制限法よりも過剰に利息を支払っていた場合に、過剰分だけ取り戻すことができるものです。しかも、この過払い金請求は10年前までさかのぼって請求することができるので、お金を借りていたら確認することが大切となっています。そして、この過払い金を回収することができれば、そのまま手に入れることもできますし、借金が残っている場合には充てることもできるのです。そのため、こうした過払い金請求をするのには以下のような2つの理由があります。

まず1つ目の理由が「支払いすぎた利息が戻る」ことから、過払い金請求をする人が増えています。この支払いすぎた利息は利息制限法の15%~20%以上の金利を支払っている場合に、その過剰に支払った利息の返還を求められるのです。もちろん、この金利以上でなければ求めることはできませんが、消費者金融等から借り入れていた人の多くが20%以上の金利を支払っている場合が多く、過払い金請求できる対象となっているのです。そのため、多くの人の過払い金を債権者から取り戻すことが出来ています。また、取り戻した利息を現在の借金の返済に充てることができるため、債務整理の方法として注目が集まっています。

そして、もう1つの理由が「10年までさかのぼって請求できる」ことがあり、現在だけでなく過去の借金に対しても返還を求めることができるのです。そのため、過去に支払いが終わっていても返還を求めることができ、多くの人が消費者金融等に返還を求められるのです。こうしたことから、過払い金請求をする人が増えているのが現状となります。特に、過去に借金をした人で、「自分には関係ない」と思っている人は、一度弁護士・法律事務所に相談してみると、以外にも返還してもらうことができるという方が多くいるので、確認してみることもいいでしょう。

このように過払い金請求を行うと、払いすぎた利息を取り戻すことができるのです。しかも、過払い金請求は債務整理の中でもデメリットの少ないものなので、過払い金請求をしたほうが良い人が多くいるのです。ただし、債権者は対応したくない内容なので、なるべくなら弁護士・法律事務所に相談して弁護士などの「専門家」に頼むことがお勧めとなっています。次の項目に過払い金請求のメリット・デメリットが書かれているので、確認してみるのもいいでしょう。

過払い金請求のメリット・デメリットは?

過払い金請求は「返済しすぎたお金が返ってくる」ほか、以下のようなメリットがあります。

【メリット】

  • 返済しすぎたお金を取り返すことができるようになる
  • 借金を減らすことができる
  • ブラックリスト(信用情報機関)に掲載されることはない
  • 完済済みでも10年以内であれば過払い金請求をすることができる

このように過払い金請求を行うと、債権者に支払いすぎていたお金を取り戻すことができます。もちろん、こうしたことをしてもブラックリストに掲載されるようなこともありので安心して行うことができます。また、完済済みであっても10年以内であれば請求することができるので、後から気付いても取り返すことができる可能性があるのです。しかし、過払い金請求にはデメリットとなる点もあるので下記の点も確認しておく必要があります。

【デメリット】

  • 利息を超えた分しか返ってこない
  • 過払い金請求をした消費者金融から、新たな借り入れができなくなる可能性がある

このように、過払い金請求をすると「同じ消費者金融」から新たに借り入れを出来なくなってしまう可能性があります。ただし、他の消費者金融で借り入れることはできるので相当な理由がない場合はデメリットとなることは少ないのが過払い金請求なのです。

過払い金請求に掛かる費用は?

過払い金請求に掛かる費用は弁護士・法律事務所ごとに代わってきますが数万円から数十万円かかる場合があるので、相談する事務所に確認することが大切となります。特に、後から費用が追加されないように事前に話し合っておくことが大切で、不明瞭なら別の事務所に相談することが重要です。

過払い金請求をするために弁護士・法律事務所に相談すると主に3つの費用がかかります。それが「着手金」、「基本報酬」、「過払い報酬」の3つです。「着手金」は弁護士などに依頼した時に掛かる費用のことを言い、「基本報酬」は専門家の活動報酬に当たります。また、過払い金の回収に成功した場合には、返還額の「10%~20%程度」を報酬として専門家に支払うこととなっています。もちろん、これらの費用は事務所ごとに代わってくるため、確認することが必要となりますが、一般的にはこの3つの費用がかかることを知っておくことが大切です。

そして、この3つの費用について弁護士・法律事務所で確認しておくことで、後から費用が追加発生するような可能性を少なくすることができます。ただし、費用を安くすることだけに執着しすぎるのではなく、確実に過払い金請求を戻すことに注目をして依頼することが大事なので、安いだけの事務所に依頼することはやめるようにしましょう。

今なら無料!弁護士事務所に無料相談

過払い金請求に掛かる期間は?

過払い金請求に掛かる期間は短いと「3か月程度」で終わる場合もありますし、長いと「約1年」掛かる場合もあります。そのため、過払い金請求には少なくとも「3か月程度」掛かるということがあるという認識でいることが大切です。

短い期間で過払い金請求を終えることができる場合は、弁護士など柔軟に動くことが出来て、貸金業者(債権者)の対応が早い場合には「3か月程度」で終えることができます。ただし、債権者が取引履歴を遅らせたり、過払い金の返還を渋ると期間が伸びやすい傾向にあります。また、返還に応じずに訴訟にまで発展すると「約1年」掛かることも場合もあります。もちろん、訴訟が早く終われば期間を短くすることができる場合もありますが、債権者や裁判の進行具合によって期間は左右されます。また、裁判の結果から実際に返還されるまで数カ月かかることもあるので、実際に申し立てをしてから返還に至るまでには相当な期間がかかりやすくなっています。

このように過払い金請求に掛かる期間は「3か月程度~1年」という場合が多くなっています。この間の手続きとしては次の項目に書かれていることを見てもらい、自分が今どこの時点にいるのかを把握することが大切となります。

過払い金請求の手続きの手順について

過払い金請求は「債権者へ支払いすぎたお金を返還してもらう」ことを目的にした債務整理の方法の一つです。そのため、「どの程度払いすぎ」ていて、それを「どのように返還してもらうか」が重要な点になります。こうした点に注をして長柄、過払い金請求の手続きについて確認していきます。

過払い金請求は「自分」で行うこともできますが、債権者はなかなか対応をしてくれないので弁護士などの「専門家」に相談することから始まる場合が多いです。そして、専門家が利息制限法に基づき利率を法定金利まで引きなおした計算をします。この計算と実際に借金で支払った金額の差の返還を求める「返還請求書」を発送することになります。この後、債権者が返還に応じる場合は任意返還となり、双方の合意書を交わして過払い金を支払うように手続きを交わします。

しかし、「返還請求書」に応じない場合には、「訴訟」での返還交渉になります。この場合、裁判所へ「訴訟提起」をして、第1回口頭弁論期日を迎え和解をしていくようにします。そして、この口頭弁論は何回か続く場合があり、その後、裁判所から和解の勧告が出ます。そして、和解案を交わし、過払い金の支払い手続きとなります。さらに、この和解案にも応じない場合には、強制執行の手続きへと進んでいきます。このように、過払い金請求では「任意での返還」だと早く終わり、「訴訟での返還」だと期日が長引いていきます。

今なら無料!弁護士事務所に無料相談