任意整理

なぜ任意整理をするのか

任意整理は弁護士などの専門家があなたに代わり借金を減らしてくれる制度のことをいいます。そのため、債務整理のプロが債権者と話し合い、利息を正しい金利にまで引き下げたり、借金の総額を減らしてくれます。このように、任意整理であればあなたに代わって専門家が債権者と交渉をしてくれるため、あなたが直接、債権者に和解を求めなくてもいいのが任意整理の特徴となっています。そして、任意整理をする理由には大きく分けると以下のような2つの物があります。

1つ目が月々の返済が厳しく、「返済額を減らしたい」と考えるからです。借金には月々の返済が必要になりますが、その返済額が家計を圧迫してしまい、生活することも厳しくなる場合があります。こういう場合になると、どうしても返済額を減らしたくなり任意整理等手法を取ろうとします。特に、任意整理をすると返済額を大幅に引き下げることができるため、返済額が多くなっている人が選びやすいものとなっています。そのため1つ目の理由としては、純粋に返済額を減らしたいという思いから任意整理をしようとします。

また、2つ目の理由としては「財産の差し押さえがない」ためです。債務整理にはいくつかの種類がありますが、この中でも任意整理は「財産の差し押さえ」がありません。つまり、住宅や自動車などの財産を維持したまま返済額を減少させることができるようになっているのです。仮に財産の差し押さえがあると、不便な生活を強いられるようになってしまいあなただけでなく、ご家族にも迷惑をかけてしまいます。そのため、今までの生活を維持しながら返済をしたいと考える人が多く、債務整理をしようとする人の中でも任意整理を選ぶ人が多くいます。

このように、任意整理を選ぶと返済額を大幅に減少させることができることはもちろん、財産の差し押さえなどがなく今までの生活を維持したまま返済を続けることができるのです。そのため、債務整理の中では非常にスマートな方法として知られており、債務整理をするなら一度は考えたい手法となっています。ただし、任意整理にもデメリットはあります。たとえば、任意整理であると裁判所を通さないため、債権者が有利になりやすい返済案になりがちであることなどがあります。こうしたデメリットもあるので、次の項目で任意整理のメリットとデメリットについて確認しましょう。そして、自分に合った債務整理であるか納得して弁護士などの専門家に相談しましょう。

任意整理のメリット・デメリットは?

任意整理は返済額を大幅に減少できるほか以下のようなメリットがあります。

【メリット】

  • 返済額を大幅に減少させることができる
  • 住宅や自動車などの財産を残すことができる
  • 専門家が債権者に直接交渉をしてくれる
  • 借金の理由が問われない

このようなメリットがあり、多くの人が任意整理をすることができるのが魅力となっています。また、多くの弁護士・法律事務所で行ってくれているので、比較的相談しやすい手法となります。ただし、以下のようなデメリットもあり任意整理には困難が付きまとう債務整理の手法だということも理解しておきましょう。

【デメリット】

  • 債権者が有利な返済案になりがちになる
  • 弁護士などの専門家の腕によって減少額が変わる
  • 返済期間が3年~5年と短くなりがちになる
  • 専門家への依頼費用が高い

このように任意整理にはデメリットもあり、特に専門家の腕によって返済額に大きな差が出ることには注意が必要となります。そのため、信頼できる敏腕の弁護士がいるならまだしも、交渉が長引くことがあったり、返済額が思ったよりも少ないということもしばしばあります。こうしたことがあるため、任意整理をする際には弁護士などの専門家の実績を確認して、実際にどのくらい返済額を減少することができるのかを確認しておくことが大切となります。

任意整理に掛かる費用は?

任意整理に掛かる費用はそれぞれの弁護士・法律事務所によって変わってきます。これは裁判所などの公的機関を利用するわけでなく、弁護士の力量に掛かってくることが多いためです。そのため、任意整理に掛かる費用は各々の事務所に確認する必要があります。

一般的に任意整理に掛かる費用は「着手金」と「減額・成功報酬」に分かれます。まず「着手金」については1社につき2万円から3万円程度が相場となっています。また、「減額・成功報酬」は減額・成功できた金額の10%~20%が報酬として弁護士に支払うようになります。したがって、例えば100万円減額することが出来、10%を減額報酬とするのであれば10万円を弁護士などの専門家に支払い、さらに「着手金」として2万程度を支払うこととなるのです。また、過払い金を回収することができた場合には「成功報酬」として弁護士に回収金額の10%~20%程度を費用として支払う場合が多いです。

こうした費用は無料相談の時などに、弁護士に直接相談することができるのが一般的となっており、良心的な事務所であれば事前に全額を出してくれる場所もあります。そのため、あなたの借金の総額によって費用は変わるので弁護士・法律事務所で相談してみるのがいいでしょう。

今なら無料!弁護士事務所に無料相談

任意整理に掛かる期間は?

任意整理にかかる期間は短いと「1か月以内」で終わることもあります。これは、1社から借り入れている場合のみであり、複数社から借り入れをしていると「2か月から4か月程度」掛かることもあります。この間に裁判所に行くようなことはないので、普段の生活をしながら弁護士などの専門家があなたに代わって債務整理を進めてくれます。

こうした任意整理の期間についてはあくまで目安となっており、早く終わらせるには債権者有利の返済案にまとめる必要があります。しかしながら、任意整理の場合には返済額を大幅に減少させようとするため、弁護士と債権者との交渉が難航しがちになってしまいます。そのため、結果として目安よりも長くなる場合があります。もちろん、この期間については債権者の対応や弁護士の力量によって大きく変わってくるものなので、一概に言いきることはできないというのが事実としてあります。

けれども、任意整理にかかる大まかな目安としては「2か月から4か月程度」と認識しておくことが大切です。また、こうした任意整理の期間中には次の項目にある手続きなどがあるので、適宜確認しながら、あとどの程度で終わるのかを把握しておくことも重要となっています。

任意整理の手続きの手順について

大まかな手続きと手順についてご紹介します。任意整理の最大の目的は「返済額の減少」となり、これに向けた専門家の交渉が主な手続きとなります。そのため、まずあなたが任意整理をする際にすることは、弁護士や専門家に「任意整理の依頼をする」ことから始まります。そして、この相談によって弁護士などが債権者に対して介入し、「受任通知発送」が行われます。この書類が発行された際には、あなたは債権者からの取り立てが止むようになります。

続いて債権者に対して「取引経過の開示」を求め、あなたの返済状況についての開示をしてもらいます。そして、この返済状況を見て、弁護士が利息制限法に従って利息の計算をし直し債務者と返済の交渉をしてくれます。これで返済案について和解が成立した場合には、新たな返済案に従ってあなたは3年から5年間かけて債権者に対して返済をしていきます。

そのため、任意整理の手順をまとめると、まず「専門家に相談をする」ことが第一にあります。そして、弁護士が新たに債務確定をしてくれて、債務者と「返済案の交渉」をしてくれます。この交渉が成功したのちには、あなたは返済額を減少した新たな返済案に従って「返済開始」をすることができるのです。

今なら無料!弁護士事務所に無料相談